PhotoShop-E  メモ  ーー 長年使用してきたPhotoShop から、PhotoShop-E6 に変更した際に留意したことのメモ ーー

多くの場合、イメージモードをRGBに指定する必要あり。 GIF(index カラー)のままでは×。


 ドロップ シャドウ/ ベベルなどの効果 
背景図に文字を描画 → ウィンドウ → 効果 → 
レイヤーパレット(右図)内のアイコンでレイヤー
スタイル@ → パレット内に ドロップシャドウA
など立体図形サンプルを表示Bして「適用」Cを
クリック → レイヤー名の右にある fx アイコンD
を「ダブルクリック」すると、影方向、距離、濃さなどの詳細設定画面になる。
 
 
 
 
 

     左図「A」の作成:
文字記入 → 文字を選択  → 効果  → プラスチック(無色)
 → レイヤーパレット右の「fx」をダブルクリック
 → 詳細設定(光彩・外側のサイズを変更) 
    ベベル ネット解説  Adobe社   

グラデーション
PhotoShop-Eは、Ver.8 まではレイヤーマスクがないが、これを使わなくてもできる。 → こちら

ボタン
 
・立体形状や光沢ボタンは、グラデーションや、効果 → レイヤースタイル でできる。  → こちら

透過処理

 ・イメージモードをRGBに指定 → 透明レイヤーを作成してレイヤーを背景に移動 → 画像レイヤーの透明化部分を範囲指定 → Delete → レイヤー結合
   Adobe社解説

画像の範囲指定

 ・横、縦の幅を指定して選択するには、左の選択アイコン → 編集画面の上にある スタイルを「固定」、幅、高さ を入力する。
  画像内位置は ドラグで指定できる。
  楕円選択の場合は、上部メニューを「固定」にせず「標準」にする。
  Adobe社解説

選択範囲の移動: 
 ・移動アイコンをクリックすると切り抜きになる。   移動アイコンを使用せず、カーソルで移動すると選択範囲の移動となる。

選択範囲の色調調整
 
・左メニューの選択ツール(上部メニューを「固定」でなく「標準」を指定) → 楕円 → ドラグ  → 選択範囲で「境界をぼかす」 → 画質調整 or フィルター
 
画質調整メニューはPhotoShopに比べて「自動」が多く、個別は孫メニューに入っている。 例:「明るさ・コントラスト」は「ライティング」の中

画質のシャープ加工
 画質調整 → 自動シャープ or シャープを調整。

スポット修正ブラシ
 を使うと修正部分周囲の色に合わせられる。周囲部分は「Alt+クリック」で指定

斜め撮影のゆがみ補正(レンズ補正)
 ・編集 → 環境設定 → グリッド で方眼紙のようなグリッドを表示させ、
 フィルタ → レンズ補正 


中抜き楕円
 ・選択ツール(上部メニューを「固定」でなく「標準」を指定) → 楕円 → ドラグ → 右クリック → 境界線幅、色

人物のイラスト化
・PhotoShopと同じく、 描画色を白以外にして  フィルタ − スケッチ − スタンプ
 

 


画像のPDF化
 ・ファイル → プリント OR 複数写真を同時プリント。 途中で縦横指定

ヒストリー UnDo 
 ウィンドウ → ヒストリー 他
 ・1ステップ: Ctrl + Z これを繰り返す。
 ・一括: 編集 → 復帰


Adobe社解説
PhotoShop Elements 14 使い方
PhotoShop Elements 6 使い方

ホームページ作成体験






























0

inserted by FC2 system