消える画面のキャプチャ(スクリーンショット)

画面上の部分的な範囲を画像ファイルとして保存(キャプチャ)するには、WindowsアクセサリのSnipping Tool が便利です。 
しかし、このソフトは下図のようなスタート画面はソフトを起動すると消えてしまう。そのような場合のキャプチャ方法はいくつかある。
Windows10ではSnipping Toolに「遅延タイマー機能」が追加された。 この機能により、消える数秒前の画像を記憶してキャプチャしてくれる。
この方法は初めは分かりにくいが、慣れると他の方法よりも簡単のようだ。

  1)Snipping Tool  での遅延タイマー機能 (Windows10) 
1. Snipping Tool を起動 設定: 遅延タイマーを 5(秒)、「ウィンドウの領域切り取り」に設定。
 (画面が灰色になった場合は 「Esc」キーで戻す。)
2. 「新規作成」をクリック。 5秒以内に、目的ウィンドウを表示させる。(以後、ゆっくり操作)
3.  5秒後画面が灰色になる。 以後、従来のSnipping Toolの操作と同じく、範囲指定 → 保存

2)PrtScn + Snipping Tool

1. Snipping Tool を起動。
2.目的ウィンドウを表示させ、「Ctrl」+「PrtScn」キーを押す。
3.画面が灰色になったら、Snipping Toolで 「新規作成」→ 「四角形の領域切り取り」をクリック。
4.以後、従来のSnipping Toolの操作と同じく、範囲指定 → 保存

 ネット情報
https://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/relatedqa?QID=013108

3)PrtScn + 画像ソフト
 PrtScn → PhotoShop/E で   ファイル → 新規 → クリップボードからの画像 → トリミング
or
 PrtScn → Win付属 Windowsアクセサリ → ペイントで  「貼付け」 → トリミング

  |  ホームページ作成体験   |  パソコン便利情報   |




















.

inserted by FC2 system