モニターの選択と、表示文字サイズ (図はWikipediaより引用) 2010.12

液晶のサイズ
下図は、液晶サイズと表示情報量(ドット数 = 見える範囲)を示したものです。
かつての標準サイズだった、15型(XGA)を17型(SXGA)に買い換えると、見える範囲は横幅 25%, 縦幅 33%UPします。
Excel表を扱う場合はそれだけ広いシートを一覧できるし、PDFファイルの場合はスクロールせずに大きな文字のページを閲覧できます。
一方、17型と19型を比較すると、どちらもドット数は同じSXGA(1280×1024ドット)ですから、見える範囲は変わりません。 
表示サイズが大きくなるだけです。(TVの場合と同じ)。 でも老眼の高齢者にとっては表示サイズが大きくなることはありがたいことです。

Win7で急速に普及している20.5型は、下図1920×1080ドット
WinXP当時の15インチノート型 XGAは、  1024×768ドット。

高解像の大画面TVで見る場合
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/col/20070520/122031/

画像解像度の調整(VISTAの場合)
スタート → コントロールパネル → デスクトップのカストマイズの下にある「画像解像度の調整」 → 解像度 「低←→高」 で調整

表示文字のサイズ
ホームページのHtmlでは表示サイズを1〜7の7段階で表示し、拡張Htmlのスタイルシート(CSS)ではあらゆるサイズをピクセル数で表示します。
ブラウザの「表示」をクリックすると表示文字サイズを、小、中、大、のように変更できますが表示サイズはブラウザによって違います。

 [パソコン情報]に戻る 

inserted by FC2 system